広告あり

コアスローイングボールはジャベリックスローと並行して取り入れたい練習道具

コアスローイングボールはジャベリックスローと並行して取り入れたい練習道具 娘の野球
記事内に広告が含まれています。

昨年末に、昨年のドラフト会議で某球団に上位指名された社会人投手の自主練習を間近で見学させていただく機会があったので、娘たちと見学させていただきました。

自主練習の場には、他に昨年の日本選手権でバリバリ投げていた投手や、昨年夏の甲子園で活躍した投手、ドラフト候補の社会人投手なども参加しており、非常にハイレベルな練習を見させていただき、娘も直接色んなアドバイスをいただいておりました。

今回紹介するコアスローイングボールは、最近娘がジャベリックスロート並行して取り入れ初めた練習道具ですが、ドラフト指名された投手たちのアドバイスを受けて、改めて取り組もうとしている事自体は間違いではなかったと確信しておりますので、特に小中学生のお子さんの手投げを改善させたいと考えている方にはおすすめの練習になると思います。

小手先ではなく体を大きく使って投げる

ドラフト指名された投手や社会人野球の一線で活躍されている投手に、「速いボールを投げるにはどうすれば良いか?」と質問したところ、皆が口を揃えて言っていたのは「小手先で投げようしない」「胸郭などを大きく使って投げること」でした。

ドラフト指名された投手がジャベリックスローを取り入れていたのも、胸郭を大きく使って投げる練習の一環だそうです。

娘も、来年のドラフト候補に名を連ねる社会人投手に、

「キャッチボールの時は、細かいコントロールを気にしすぎるとどうしても小手先だけで投げようとしてしまうから、とりあえず細いコントロールは気にせず、胸郭を中心した体を大きく使って投げることを意識して投げるようにしてみたら」

と、アドバイスをいただいてから、体を大きく使うことを意識して投げるようにしています。

コントールは悪くならないのか?

とはいえ、狙ったところに投げる練習をしないとコントロールはつかないでしょ!

と疑問を持ったので、

「コントールを良くするにはどうすれば良いか?」

質問したところ、制球力に自信があるという社会人投手の方が、

「コントロールを良くするには、まずはキャッチボールの時から綺麗な回転を意識して投げること」

「綺麗な回転のボールが投げられるようになれば、ある程度狙ったところに投げれるようになると思う」

とのことでしたので、普段のキャッチボールでは、細かいコントールはあまり気にせず体を大きく使うことと、ボールの回転を気にして投げることが大切だと学びました。

コアスローイングボールの使い方

コアスローイングボール_FWETB-300G_2

少々前置きが長くなりましたが、コアスローイングボールについてご紹介します。

コアスローイングボールは、野球インフルエンサーの前沢力さんとフィールドフォースのコラボ商品で、実際に前沢さんも練習に取り入れている練習道具です。

重さが異なる2種類(アドバンス・スタンダード)ありますが、小中学生ならスタンダードで十分です。

サイズは直径178mm なので、小学校低学年なら少し大きいですが、高学年なら慣れれば投げることができます。

実際に、指導している学童野球の5年生投手はドッジボール感覚で投げています。

コアスローイングボール_FWETB-300G_1

ボールには白いラインが入っていて、ボールの回転がわかるようになっています。

手投げ改善にはキーパースローイングがオススメ!

コアスローイングボールの投げ方は、前沢さんが解説されているので、まずは以下の動画を視聴してみてください。

ただ、最初は動画の通りにいかないと思うので、私がお勧めする体の使い方はサッカーのキーパースローです。

実際に、手投げ改善ドリルでキーパースローイングを取り入れている野球塾もあるので、手投げ改善には効果的です。

野球の指導をしている小学生は上手く投げられないのに、サッカーでキーパーをやっている5年生の男の子に、コアスローイングボールでキーパースローをやってもらったら、めっちゃ上手く投げてました。

なので、練習すれば体を使って上手く投げれるようになると思います。

キーパースローイングは以下の動画が参考になります。

コアスローイングボールを使った練習方法

娘の場合は、ジャベリックスローを15球投げてから、コアスローイングボールも15球投げて、その後に野球のボールでキャッチボールを開始するようにしています。

ボールのサイズが小さくなればなるほど、小手先だけで操作ができてしまうので、手投げが酷い子の場合は、野球の練習日以外は野球のボールは握らせず、ジャベリックスローとコアスローイングボールでのスローイング練習をやり、体を使って投げる感覚をつかむのが良いと思います。

体を使って上手く投げれるようになったら、少し離れてドッジボール感覚で投げるのも良いです。

手投げは肘に負担がかかるので、中学生以降硬式野球をする予定の子は、小学生のうちに肘に負担がかかり難い投げ方をマスターしておいた方が良いでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました